実践取引データ

損益データ最終更新日:2012年10月08日 (月)

【過去52週以内の週間損益推移グラフ】
直近1週間の合計損益
(2012年9月30日~2012年10月6日)
pips -1035.4pips
-9040円
過去52週の合計損益
(2012年3月4日~2012年10月6日)
pips -3753.7pips
-32339円

≫ 過去52週以内に利用した事のあるFX自動売買システムと合計取引成績

現在実践中のFX自動売買の手法

TLB投資法

トップライブバランス投資法の略で、私が勝手に命名しました。2012年の8月12日から実践しており、最低でも半年間はこの手法を続けていって実践データを集めていくつもりです2012年の10月6日に一時撤退を決意しました。

今後の相場次第ではまた実践取引を再開しようと思っています。

実践期間 2012年8月12日~2012年10月6日
週区切りの勝率 37.5% 3勝5敗
※資金増で勝利としています。
損益(pips/円) -3159.2pips / -25374円
週区切りの最大利益(pips) 1264.1pips
週区切りの最大損失(pips) -1421.8pips

私が口座開設をしている選択型のFX自動売買サービス FOREX.com Mirror Trader では、FX自動売買システムを選ぶときの絞り込み検索機能の一部である「トップライブバランス」という検索方法が使えるようになっています。

トップライブバランス検索を実行すると取引量の多いFX自動売買システム(ストラテジー)の上位15件分が表示されるので、毎週末にランク外になったものは利用を停止して、新たにランクインしたものをそっくりそのまま利用すると言うだけです。

ただこの手法を実践するにあたっては、最低でも20万円程度の資金が必要となってきます。

FOREX.com Mirror Traderでは最低取引通貨が1,000通貨なので低資金でも始められるのですが、この手法を使うと最低でも15個のストラテジーを利用する事になりますので、ポジションを40前後持つと言うのが当たり前となってしまうのです。

私の経験上、取引通貨量が1,000でポジションを40持つと大体14万円の維持証拠金が必要となっています。ちなみに私の場合は運用資金が30万円で取引通貨量は1,000なので、気持ち的には少し余裕があるかなといった感じです。

選択型FX自動売買サービスのおすすめランキング TOP3

第1位 FOREX.com Mirror Trader

スプレッドの低さ ★★★★★(5)
売買システム検索の使いやすさ ★★★★☆(4)
口座の利便性 ★★★★☆(4)
総合評価 ★★★★★4.3

≫ スプレッドやスペックの情報
≫ 詳細情報

【Comment】

FOREX.com Mirror Traderは選択型のFX自動売買サービスの中ではスプレッドが全体的に低く設定されているので、他の自動売買サービスと比べても利益を上げやすくなっています。

売買システムの検索方法も充実しているので、ユーザーがどんなシステムを使ってどれぐらいの資金を投入しているのかという分析もしやすいのが特徴的です。

第2位 シストレ24

スプレッドの低さ ★★★☆☆(3)
売買システム検索の使いやすさ ★★★★★(5)
口座の利便性 ★★★★☆(4)
総合評価 ★★★★☆4

≫ スプレッドやスペックの情報
≫ 詳細情報

【Comment】

シストレ24はFX自動売買システムを選定するツールが充実しているので、初心者の方でも早い段階で数種類の売買システムを組み合わせたレベルの高い投資法を使う事が出来るようになります。

またシストレ24口座を開設している方だけが参加できる豪華な賞品が当たるキャンペーンも定期的に開催されており、FX自動売買で利益を上げる事以外の楽しみも時々味わう事が出来ます。

第3位 オートFX

noimage
スプレッドの低さ ★★★☆☆(3)
売買システム検索の使いやすさ ★★★★☆(4)
口座の利便性 ★★★★☆(4)
総合評価 ★★★★☆3.7

≫ スプレッドやスペックの情報

【Comment】

オートFXの口座を開設すると、プレミアムラウンジと言う投資助言サービスが利用可能となります。

このサービスでは売買システムの人気ランキングや成績ランキングの最新情報を過去データと比較しながら見られる他、投資顧問会社による資金量に合わせた売買システムの提案もじっくり見れますので、FX自動売買がはじめての方でも投資のプロフェッショナルの考えと同じ投資法でFXに参加する事が出来ます。

FX自動売買システム運用レポート