FX自動売買プラットフォームの種類

FX自動売買システムには、大きく分けて「構築型」と「選択型」の2種類のプラットフォームがあります。

FX自動売買におけるプラットフォームとは、プログラミングされた売買ルールが、その通りに動作する為に必要なものの事を言います。

FX自動売買システム

構築型のプラットフォーム

【代表的なもの】

  • メタトレーダー4
  • VTトレーダー

自分で売買ルールをプログラミングするタイプです。

選択型のプラットフォーム

【代表的なもの】

  • ミラートレーダー

売買ルールがあらかじめプログラミングされた「ストラテジー」と呼ばれるものの中から、自分が好きなものを選択するタイプです。

構築型

構築型のプラットフォームは、自分自身がシステムを構築していく為、ある程度FXの知識やプログラミングの知識が必要となります。従いまして難易度は高めなのですが、その分、細かい設定を行う事が出来ます。

構築型のプラットフォームは色々ありますが、日本では関連書籍などもたくさん出ている「MT4(メタトレーダー4)」がオススメです。

選択型

選択型のプラットフォームは、あらかじめ用意された売買ルールの中から、自分が好きなものを選んで自動売買を行います。

ですが、売買ルールの中身は基本的には公開されていませんので、選ぶ時の判断材料になるのがバックテストやフォワードテストの結果となります。

代表的なプラットフォームに「Mirror Trader(ミラートレーダー)」があります。FX業者によっては、ミラートレーダーに用意されている売買ルール(ストラテジー)がかぶっていることもありますが、それぞれのFX業者が独自に開発しているシステムもあります。

サーバー管理型のプラットフォーム

FX自動売買システムを利用する際には、サーバーというものが必要となる場合があります。

サーバーとは、パソコンからの要求に対してデータを処理したり、処理されたデータを返したりするコンピューターの事です。メール処理専用のメールサーバーや、ファイルをWeb上に表示できるWebサーバーなどのように、役割によって呼び方も様々です。

サーバーは、普段使っているパソコンを代用して使う事も出来ますが、もし、そのパソコンでFX自動売買システムを24時間動かしたとしたら、電気代以外にもオーバーヒートや予期せぬトラブルなどの心配事が出てきます。

耐久性や安全性を考えた場合は、サーバー専用に作られたコンピューターを用意した方が良いでしょう。しかし、これを個人で用意するのはコストも掛かりますし、専門的な知識も必要となってきます。

そこで便利なのが、FX業者が用意しているサーバー管理型のプラットフォームです。これなら、自分でサーバーを用意する必要はないですし、メンテナンスもFX業者の方で行ってくれるので手間もかかりません。また、FX業者が管理しているサーバーには無料のものが多い為、コスト面でも優秀です。

FX業者の中にはサーバーを用意していないところもありますが、サーバーを取り扱っている会社はいくつもありますので、その点では安心です。

自宅サーバーなどへのこだわりが無いのなら、素直にサーバー会社から専用サーバーを借りた方が色々とめんどくさくなくて快適です。