FXとは

FXとは、外貨投資のうちの、外国為替証拠金取引と呼ばれるものです。

取引の仕組みを単純に解説すると、例えば、1ドル=100円の時に100円支払って1ドルを買って、1ドルが101円になった時に100円で買った1ドルを売ると1円儲かります。

反対に、1ドルが99円になった時に100円で買った1ドルを売ると1円損します。

さらに、FXは売りから入ることもできるので、ドルを持っていなくてもドルを売って後で買い戻すという事も出来ます。

証拠金とは

FXを行うには、まずは証拠金を用意して取引業者に預けなければなりません。証拠金はいわば担保のようなもので、FXでは資金が少なくても証拠金を担保に大きな額での取引ができます。

また、証拠金には最低証拠金といったものが設定されていて、その金額はFX業者によって異なります。いちばん低く設定しているFX業者では100円というところもありますが、大体の目安として、取引したい金額の4%ぐらいとお考えください。

レバレッジとは

実際にFXをはじめる際、ほとんどの方がFX業者に預けている証拠金を担保にレバレッジというものを効かせて資金を運用していきます。

レバレッジ(Leverage)は日本語に訳すと、「てこの力」という意味を持っていて、投資の世界でいうところのレバレッジとは、少ない資本で大きな資本を動かすことができるという意味を持ちます。

投資というものはいつでもリスクとリターンが背中合わせになっていますが、レバレッジを効かせる事によって、そのリスクとリターンの差が広がっていきます。

FXでは、少ない額の証拠金でも大儲けできるチャンスがある反面、資金を一気に減らしてしまうケースがあるというのを忘れてはいけません。

FX業者によってはデモ取引というサービスを行っているところもありますので、FXが初めての方は、こういったサービスを有効に活用して、FXに慣れてきてから本格参戦するといった手もあるでしょう。

株取引とFXの比較

FXは、投資の中でも手軽に始める事が出来て、24時間取引のチャンスがあるので、個人投資家の方に大変人気があります。

また、株取引などと違って、少ない資金でもレバレッジを効かせて大きな額を運用できるというのも、FXが人気となっている理由の一つです。

但し、レバレッジを効かせすぎると大きなリスクを背負うことにもなりますので注意が必要です。

株取引のメリット FXのメリット
  • 銘柄によっては、株主優待というプレゼントがもらえる。
  • 銘柄によっては、配当金を受け取る事が出来る。
  • 手数料が安い。
  • レバレッジを効かせる事が出来るので、少ない資金で大きな取引ができる。
  • 通貨の価値が上がっても下がっても利益が出せる。
  • 取引時間は24時間なので、いつでも売買チャンスがある。
株取引のデメリット FXのデメリット
  • 企業の業績によっては上場廃止という事もある為、持ち株の価値が0円になる事もある。
  • ストップ高やストップ安に巻き込まれたら、場合によってはその日に決済できない事もある。
  • レバレッジを効かせすぎると、その分リスクが大きくなる。