FXの注文方法

成行注文や指値注文、逆指値注文などの基本的な注文方法はほとんどのFX業者で扱われていますが、IFDやOCOなどはFX業者によっては対応していないところもあります。

もし、これらの注文方法を利用したい場合は、口座開設の前に利用できるかどうかしっかりと調査しておきましょう。

成行注文

現在のレートで、そのまま注文する注文方法です。

成行注文の仲間に、自分の好きなタイミングで、そのときのリアルなレートで注文するストリーミング注文(別名:ダイレクト注文)というのもあります。

指値注文

価格を指定する注文方法です。ですが、売値と買値の間の価格を指定することはできません。買注文は売値以下、売注文は買値以上で指定することになっています。

逆指値注文

買値が指定した価格以上になったら買う、または売値が指定した価格以下になったら売るという取引方法になります。

買注文は買値超えで、売注文は売値未満で指定しなければなりません。主にリスクヘッジを目的として利用されます。

IFD注文

新規注文と決済注文を、同時に発注しておける注文方法です。

OCO注文

2つの注文を同時に出して、一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文方法です。