最低必要証拠金
最低必要証拠金とは、取引総額に対して口座に預け入れなければならない金額のことです。例えば、1万米ドルの取引を行いたいとします。取引時の為替相場が1米ドル=80円だった場合、1万米ドルの取引を行うと、「10000×80円」で、800,000円の取引を行うことになります。もし、利用しているFX会社が定めている証拠金の割合が取引総額の4%ということならば、800,000円×0.04(4%)=32,000円となり、これが最低限必要な証拠金の額ということになります。

ウィンドウを閉じる